tomakoのもぐもぐ

カテゴリ: 千歳市

「丸駒温泉旅館」さんへ宿泊しました ♨

朝風呂で朝陽を見て支度を済ませ朝食会場へ♪

朝食会場
01朝食会場
7:00朝食。5分前でしたがオープンしました♪あたしは2番目
先ほどお風呂であった方とお会いしました☆彡



バイキング_1
02バイキング_1



バイキング_2
03バイキング_2
基本和食がメインのバイキングでした。
品数も豊富で朝からちょっとテンション上がりますね(;´∀`)



バイキング_3
04バイキング_3



バイキング_4
05バイキング_4



バイキング_5
06バイキング_5



バイキング_6
07バイキング_6
ドリンクコーナーのところには少量のパンも♪



第1着席
08第1着席
2番目だったので特等席の窓際を陣取ります!
あ~でもレースのカーテンがちょっと撮影には不向き(;・∀・)
すると先ほどお風呂であった方とお会いし、「撮りましょうか?」と。
声をかけてくれてすごい嬉しかったです☆彡
「食べ物の写真と風景しか撮影しないので(;´∀`)ありがとうございます♪」
にしても太陽の日差しがものすごい暑いです💦移動する事にしました!



第2着席
09第2着席
移動しようとしたらスタッフの方が、コーヒーラウンジでもいいですよと
言ってくれたので、前日レスカを飲んだ場所へ移動しました!
景色はすごくいいんですけど、やっぱり太陽の日差しが強すぎて(;''∀'')



第3着席
10第3着席
結局、日差しが入らない窓から結構離れた席へと2度目の移動。
やっと落ち着きました((((((((((ノ∀`)・゚・。 
ご飯は仲居さんがよそってくれます。「普通で」と言ったんですけど
ちょっとよそ見をしてたらこんもりつがれてた 笑
オムレツはホテルのよーに、シェフが目の前で焼いてくれます(´∀`*)



食後のデザート
11食後のデザート
ケーキもあったので全種類取ってきました(*^m^)o==3
あれ?チョコレートケーキが2個あるし 笑   ま、いっか( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽ
とっても美味しい朝食でした!ごちそうさまでした♬



朝の支笏湖
12朝の支笏湖
食後に外へ出て少しだけ散策します。



キラキラ光ってます
13キラキラ光ってます



外観(湖側から)
14外観(湖側から)



チェックアウト(8:00)
15チェックアウト(8時)
チェックアウト時の太陽はこんなに上まで昇ってましたヽ(*゚∀゚)ノ



日本秘湯を守る会
16日本秘湯を守る会



外観
17外観
どーもお世話になりました。また季節の違う時期に来たいですね~( ´∀`)



さようなら~支笏湖
18さようなら~支笏湖
さて、次の目的地へ出発ですヾ(o´▽`)ノ゙

✤丸駒温泉旅館✤
住所:北海道千歳市支笏湖幌美内7番地
電話番号:0123-25-2341

「丸駒温泉旅館」さんへ宿泊しました ♨

前日の夜、お風呂に入り損ねたので、何が何でも朝風呂に入ろうと
頑張って起きました(;´∀`)

おはようございます(4:50)
01おはようございます(4時50分)
確かこの日の日の出は5:20頃だったはずです。なので日の出に合わせて30分前に起床。
そ~っと外を見ると、空が日の出前のキレイなオレンジと水色のグラデーション♡
おぉ♪(ノ)’∀`(ヾ) これは早く浴場へ行って朝シャンしないと!



感動です(5:34)
02感動です(5時34分)
露天風呂には5:00くらいから日の出を見ようと待っている人が4人。
あたしも仲間に入れてもらいみんなで日の出を待ちます!
どの辺から昇ってくるのかわからなかったのですが、予想よりも結構左側(;´∀`)
季節によっては露天風呂の真正面から昇るときもあります。
ちょうど太陽の位置が山と被っていて、日の出時間より若干遅れて太陽が顔を出しました。
と~っても幻想的で神秘的で感動でしたね~゚+.(ノ。’▽’)ノ*.オオォォ☆゚・:*☆



日が昇るスピードはほんと早いです
03日が昇るスピードはほんと早いです
顔を出したと思ったらどんどん太陽が昇っていきます。
全部顔を出したら、みなさんお風呂からあがって行きました。



眩しすぎる朝日を浴びた展望露天風呂
04眩しすぎる朝日を浴びた展望露天風呂
皆さんあがられたので、一旦外へ出ます。
太陽の光ってほんとすごいです!オレンジ色に染まった展望露天風呂を
外から眺めます( ´∀`)



最後にもう1回拝みます(5:37)
05最後にもう1回拝みます(5時37分)
そして再び湯舟へ。。。
ひんやりとした澄んだ空気の中、朝陽を眺めながらのお風呂!
嫌な事全て吹っ飛びます 笑 この時だけは。。。



部屋へ戻りました(5:46)
06部屋へもどりました(5時46分)
部屋へ戻り太陽を確認。
あ~。。。ちょうど木で隠れちゃってますわ(;´∀`)



若干風が吹いてます
07若干風が吹いてます



あっとゆー間にこの高さ(6:35)
08あっとゆー間にこの高さ(6時35分)
支度を終えて外を見てみると一気にこの高さまで上昇♪♪♪
さ、お待ちかねの朝食ですよ~ヾ(o´▽`)ノ゙


✤丸駒温泉旅館✤
住所:北海道千歳市支笏湖幌美内7番地
電話番号:0123-25-2341

「丸駒温泉旅館」に宿泊しました ♨

さて、明るいうちに温泉で癒され、待ちに待った夕食です∩(´∀`)∩
こちらの旅館では基本部屋食です。
グレードアップすると、お食事処で囲炉裏会席を頂く事も出来ます。
指定した時間にお食事が運ばれてきます♪

夕食
01夕食
いや~びっくり!オォォ♪((*゚゚∀゚゚*))
ものすごい大きな御膳です!写真には写っていませんが、お品書きも添えられています。



上から
02上から
何から手をつけていいかわからないくらいの品数で嬉しくなっちゃいますね♪
部屋食なので、テレビを見ながら周りを気にする事なくゆっくりとお食事が出来るのは
とってもありがたく嬉しいと思いました(o´▽`o)ノ 



先付
03先付
◆ピーナッツ豆腐
ピーナッツの甘さがもろに感じられる豆腐です



前菜_1
04前菜_1
◆行者ニンニクの醤油漬け



前菜_2
05前菜_2
◆蕗味噌



前菜_3
06前菜_3
◆わさび菜お浸し



前菜_4
07前菜_4
◆蕨(わらび)真丈



御造里
08御造里
◆四点盛り合わせ
すだちで隠れちゃってますが、脂の乗ったチップのお刺身がとろけるよーで
とっても美味しかったです☆彡



焼き物
09焼き物
◆支笏湖チップ(姫鱒)
支笏湖名産の姫鱒!初めて食べるかも~( ´∀`)
全然クセがなくて食べやすいです!ほんのり塩が振ってあったので(多分)
そのままかぶりつきました(ノ∇≦*) んまぁ~♡



煮物
10煮物
◆炊き合わせ



鍋物
11鍋物
◆四元豚の塩鍋
この塩鍋がまた美味しい事♪お肉はとっても柔らかくてかなり美味しいですね~!
出来る事ならこれでおじやを作りたかったのですが、あまりにおかずの量が
多かったのでそこまでたどり着けづにギブ(;´∀`)



洋皿
12洋皿
◆若鶏のカレー風味
これもちょっとビックリでした(;´∀`) 和膳に洋皿。しかもカレーヾ(o´▽`)ノ゙
これでご飯1膳いけちゃいますよね!



蒸し物
13蒸し物
◆茶碗蒸し



酢の物
14酢の物
◆ナマコポン酢和え



食事
15食事
◆白飯
軽く3杯強はあったご飯は頑張ったんですけど2杯で断念!



汁物
16汁物
◆蛤潮汁
優しい味のお吸い物は心が落ち着きますね~♪



香の物
17香の物
◆三種盛り合せ



水菓子
18水菓子
◆とちおとめゼリー
そしてデザートまでしっかり付いてます!

多分1時間くらいかけて完食しました!ご飯はさすがに残してしまったけど、
どれもとっても美味しくて全部白いご飯に合う!
中々こんな贅沢できないですからね~(;´∀`)

食事が終わったらフロントに電話して片づけてもらい、その後布団を敷いてくれました。



ではちょっとまったりして、人がいなさそうな時間帯を狙って温泉に入って
ゆっくり休もうと思い、部屋でまったりとしていました。
23時、そろそろいいかな?と思い浴場へ向かいます。
ん?なんか電気が点いてなくて暗いけど。。。
「やってもーた!」
19やってもーた!
てっきり夜は24時までだと勘違いしてたんです!23時で終了でした((○(´Д`)○))
いや~これはやってしまった!でも清掃時間ですからね(;''∀'')
諦めて次の日の朝風呂に期待しつつ部屋へ戻りました。


✤丸駒温泉旅館✤
住所:北海道千歳市支笏湖幌美内7番地
電話番号:0123-25-2341

「丸駒温泉旅館」さんへ宿泊しました ♨

当初別な温泉宿へ宿泊する予定で計画を立てていたのですが、ふと
こちらの旅館を思い出し、急きょ宿泊を決めました。
未開の地に温泉を探し当てた初代の佐々木氏。そこから105年。
支笏湖に隣接した老舗中の老舗の温泉旅館「丸駒温泉旅館」は
大正4年創業(1915年)
日帰り温泉も楽しめ多くの客で賑わっています。
宿泊客への配慮もしっかりされており、日帰り温泉は10:00~15:00まで。
それ以降は宿泊客のみの利用になるので、チェックインしてからゆっくりと
温泉を楽しむ事が出来ます(◍ ´꒳` ◍)
旅館は支笏湖の北西に位置し、支笏湖温泉街から11kmほど西に進むとあります。
ずっと湖沿いを走るので、あまりの美しさに車を停めて
写真撮影されている人がたくさんいます♪
ちょっとずつ青空が顔を出してきたのであたしも車を停めて撮影!
風もなく、湖に反射されて写った風不死岳がとってもキレイでした(´∀`艸)♡

風不死岳
01風不死岳



旅館へ行く途中の絶景



風がなく穏やかな湖でした
02風がなく穏やかな湖でした



あと3kmです
03あと3kmです



外観
04外観
着いた~(o≧∀≦o)ノ゙
チェックインは15:00すぎ。日帰り温泉のお客さんがちらほら帰り始めています。



2階ロビー
052階ロビー
フロントは1階かと思いきや2階でした!
普通に入ったら1階ですが、旅館の逆側から外観を見たら2階だとわかります。



インフォメーション
06インフォメーション
チェックインを済ませ部屋を案内されます。



3階廊下
073階廊下



3階ロビー
083階ロビー



吹き抜けになってます
09吹き抜けになってます



湖水側客室
10湖水側客室
客室は思い切ってちょっとお値段が高い湖水側にしてみました(o´▽`o)v
癒しの旅ですから!部屋から湖を眺めながらのんびりしたいと思います♪



窓側から
11窓側から
部屋は1人では広すぎるほど!
ちなみにこちらの旅館は禁煙室がないのでご注意を。。。



洗面台
12洗面台
部屋には洗面台とトイレはありますが、ユニットバスはありません。
年季の入ったものが多いですが、しっかりと清掃が行き届いていて
すごい清潔感のあるお部屋です( ´∀`)



客室から支笏湖と風不死岳
13客室から支笏湖と風不死岳
客室からは先ほど来る途中で見た風不死岳が見えます♪



逆側は支笏湖と紋別岳
14逆側は支笏湖と紋別岳



年季の入った鍵
15年季の入った鍵



浴衣
16浴衣



温泉まんじゅう
17温泉まんじゅう



温泉は1階です
18温泉は1階です
では早速温泉を満喫してきま~す(*^m^)


女湯入口
19温泉入口



脱衣所
20脱衣所



脱衣所
21脱衣所
脱衣所は旅館だけあってとっても広くていいですね~



パウダーコーナー
22パウダーコーナー
ドライヤーも完備されていますが、ゆっくりと部屋でとゆー方は
フロントでドライヤーの貸し出しも行っています♪



大浴場
23大浴場
女湯の内湯は、低温と高温の2つ。
高温に入ってみたのですが・・・
足を入れた段階で無理!と思いすぐに低温の方へ移動(;´∀`)
丁度いい湯加減でとっても気持ちがいいです。大きな窓からは支笏湖を一望できます☆彡



湯口
24湯口



洗い場
25洗い場
洗い場も多く、この他に8席くらいかな?ありました。
ではでは待望の展望露天風呂へ行きますか((´∀`*))



サウナ
26サウナ
露天風呂の扉を開けると左側にサウナがありました。
サウナはちょっと苦手なのでスルー 笑



展望露天風呂
27展望露天風呂



展望露天風呂からの眺め
28展望露天風呂からの眺め
ひんやりと冷えた空気と青空と、まだ雪の被った山。最高です♡
目線をちょっと落とすとまるで湖と繋がってるみたいです(*´pq`*)
ここで日帰り温泉に何度か来た事のある方と色々おしゃべりしました。
この温泉はこの他に「天然露天風呂」があって、湖の水位によって露天風呂の水位が
変動する露天風呂もあるんです。
色々話しを聞いたらやっぱりこの時期は水位が低いとの事。
でもやっぱりせっかく来たからには見るだけ見ておこ~と思い行ってみる事に!



さて!天然露天風呂へ
29さて!天然露天風呂へ
脱衣所に入口があります。スリッパも用意されています。
情報によるとかなり長い道のりなので、裸でも行けますが何か羽織って行った方が
いいようだったので一応バスタオルを巻き出発します!



歩きます
30歩きます



上ります
31上ります



歩きます
32歩きます



ちょっとしたスロープ下ります
33ちょっとしたスロープ下ります



下ります
34下ります



更に下ります
35更に下ります



更に下って着いた~!脱衣所?
36更に下って着いた~!脱衣所?
ゆっくり歩いて3分ですが、体感では5分くらい歩いた気分(;´∀`)
一応、脱衣所のよーな篭もあります。



天然露天風呂
37天然露天風呂
( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \ 確かに低い!



天然露天風呂のご案内
38天然露天風呂のご案内



使い捨てカメラの忘れ物
39使い捨てカメラの忘れ物
イスの上には忘れ物の使い捨てカメラ、そしてスリッパも1組ありましたが
誰もいません。。。どこへ行ったんでしょう(◎_◎;)



岩が邪魔ですね(;´∀`)
40岩が邪魔ですね(;´∀`)
では、入ってみます。
水位が高いと立ったまま山を見る事が出来ますがこの水位で座ったら岩しか見えません 笑
水位は多分40cmくらい?だったかと(;´∀`)
下から湧き出てるよーですが、あまりわからなかったです。。。
砂利が敷き詰められていて、これで水位の調整をするよーな♪



湖と繋がってます
41湖と繋がってます



天然露天風呂について
42天然露天風呂について



温泉分析書
43温泉分析書



緊急時の浮き輪もあるそーです
44緊急時の浮き輪もあるそーです
とっても面白い体験をしてきました∩(´∀`)∩



無料休憩所
45無料休憩所



コーヒーラウンジ新樹外観・店内
46コーヒーラウンジ新樹外観・店内
湯上がりはせっかくなのでラウンジで休む事にしました♪



メニュー_1
47メニュー_1



メニュー_2
48メニュー_2



お風呂上りのレスカ(430円)
49お風呂上りのレスカ(430円)
最近テレビドラマで「レスカ」をよく見かけていたので飲みたくなってオーダー(;´∀`)
火照った身体に爽やかなレモンの酸味と弾ける炭酸!至福の時♡



湯上がりの散策
50湯上がりの散策
そしてこのラウンジから直接外に出れるよーだったので、あたしも一旦部屋へ戻り
スリッパから靴に履き替えて外へ出てみました☆彡



ちょっと風が出て来ました
51ちょっと風が出て来ました
ちょっと風が出てきてお風呂上りには心地よいです。



外観裏から
52外観裏から



夕焼けと支笏湖と風不死岳
53夕焼けと支笏湖と風不死岳
そして部屋へ戻って夕食を待ちます♪
その間にブログでも更新しよーかと思っていたのですが、wi-fiが繋がるのがロビーのみの
よーでゆっくりとテレビを見ながらお腹を空かせます 笑
1泊2食付き。湖水側の部屋(夕食:部屋食/朝食:バイキング)
16650円-2900円(ポイント値引き)=13750円

✤丸駒温泉旅館✤
住所:北海道千歳市支笏湖幌美内7番地
電話番号:0123-25-2341

「えびそば一幻 新千歳空港店」さんへ行って来ました

飛行場内を隅から隅まで楽しんだ後は、今回第1の目的のお店へ(o´▽`o)v
札幌ライブの時に食べに行けなかった一幻さんのえびそば☆彡
ここに支店があると知り、伺いました(○´∀`)
以前、職場の同僚くんやお友達に「ぜひ食べてもらいたい!」と言われてたので待ち望んだラーメンでした♪

             ラーメン道場内にあります
49817bc6.jpg

ラーメン店が何店舗も並ぶ「ラーメン道場」です!
一幻さんは入口側にあります。そこだけすごい行列です!
空いたら行こう~と思ったのですが、中々行列が途絶える事がなく意を決して並ぶ事に(;´∀`)



             えびしおスープそのまま(780円)
ccce7361.jpg

今回は初めてだったので、お店の人に「塩か味噌だとどちらがいいですか?」と尋ねたところ
即答で、「塩をおすすめします(・∀・)」との回答。
なので、えびしおスープのノーマル、麺も太麺のノーマルにしました!



             えびしおスープそのまま(780円)スープ
a0ca2358.jpg

゚+。:.゚ワァォ(*’▽`人)゚.:。+゚えびスープです☆彡
あ、でも感動は薄く・・・なぜならここよりもえびスープなお店を知ってるからです(;´∀`)
でもとっても美味しいですね~( *´艸`)



             えびしおスープそのまま(780円)麺
c1b71bc4.jpg

麺はノーマルが太麺で、ご希望により細麺にもできます。
でもやっぱりこのスープには太麺が絶対に合ってると思いました(・∀・)



             メニュー
e4ee2cd1.jpg

次回食べる機会があったら「あじわい」の味噌を食べてみたいですね♪



             店内
d2444946.jpg

ず~っと満席状態でした!



             外観
59f32604.jpg


もう思い残す事は何もありません 笑

✤えびそば一幻 新千歳空港店✤
住所:北海道千歳市美々 新千歳空港ターミナルビル 3F 北海道ラーメン道場内
電話番号:0123-45-6755
営業時間:10:00~21:00(LO20:30)
定休日:無




             うにぃ~♡
896e5d7d.jpg

そしてうろちょろしてるととっても美味しそうなウニを発見!
う~ん(´⌒`;)高すぎるな(◎_◎;)残念!



             ここにもいた!
118535e9.jpg



             歩く歩道もちょっと嬉しい
6b2c06f0.jpg

そして歩く歩道も都会な感じでちょっと嬉しい(´∀`*)



             広いですね~
d47726b6.jpg

さ~1日かけてたっぷりと満喫したので帰りま~す( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽ

このページのトップヘ